時事ネタ

コロナショック【航空機産業の行く末】コロナで世界経済は崩壊する?

 

先ず初めにここから解説していくことが重要かと思います。

 

コロナショックは病原菌の拡大に伴い、人々の生命を脅かすだけでなく世界経済をも一気に飲み込みました。

 

先日、驚くニュースが世界を駆け巡りました。

 

原油マイナス価格 ?!

 

 

これがどれだけスゴイことかというと

 

注意ポイント

原油取引の歴史の中で初めてのこと

 

 

原油が取引(先物)が始まって以来、それこそ歴史上初という大げさな表現でも過言ではないくらいの『どえらいこっちゃ』なネガティブなニュースです。

 

 

 

原油マイナス価格とは

 

本来は買い手がお金を払って原油を買う

 

当たり前のことですね・・・

とういか当たり前のことでしたね

 

しかし、このコロナの影響で現状は・・・

 

何たるこっちゃ状態

売り手お金を払って

引き取ってもらう

 

 

売り手(製造側)がこれ以上保有(保管)できない量になってきたため、やむなく(原油を生産して量が増えたが売れないためストック容量を超えて管理しきれず)処分するためにお金を買い手に払ってでも引き取ってもらうということです。

 

 

ではなぜ原油の消費が落ち、原油供給の需要が落ちたか

 

 

それはやっぱりこいつのせい!

 

コロナの野郎です!

 

 

 

 

コロナウイルスの拡散と感染を防ぐため各国パンデミック宣言に伴い、ロックダウンが開始された影響もあり何が起きたかというと

 

ポイント

人々の行動範囲が極端に狭くなった

 

これが一番の大きな理由です。

 

パンデミック宣言により人々の動きが制限され、早い段階で経済影響が出たの交通移動手段の業界です。

 

中でも国外への移動は大きく影響を受けて航空機産業は即座に厳しい状況に陥りました。

 

 

以降の本記事は以下の通りです。

  • 航空機産業は終わり?
  • ドローンはどうなる?
  • コロナでも景気回復の業界
  • 個人投資のすすめ

 

 

航空機産業は終わる?

 

 

いままで映画のシーンでしか見たこともなく想像も出来ませんでしたが航空機産業は崩壊寸前です。

 

今までの常識では考えられない事態が世界中で巻き起こっています。

 

今、あの世界の空を支配していたボーイングが倒産寸前のところでさ迷っていることをご存知でしょうか!

 

 

誰がこんなことを想像できたでしょうか?

 

 

ボーイングは先の墜落事故の改善が思うように進まず生産stopしていた所にコロナのWパンチにあいました。

 

 

3月には金融機関からの138億ドル(約1兆4700億円)の融資額を即座に使い切りました。

 

 

見かねた米国政府が支援を表面しましたが、ボーイングは米国政府に対し600億ドルの融資を求めています。

 

 

ボーイングだけではありません。

 

Twitterでも書きましたが世界中のエアラインの倒産、経営破綻が始まっています。

 

 

 

 

Twitterでも書いていますが航空機産業の衰退は技術進化の衰退を意味します。

 

確かにネットの飛躍的進化でAI、Iotなどが普及して便利な世の中になっています。

 

しかし、それでも人は移動することで新しい発想や進化のチャンスに出会っているのです。

情報を解析するよりも、実際に自分の目で見て、自分の手に触れて初めて湧き出るインスピレーションも必ずあるはずです。

 

 

今は生き延びること、感染しないことに全世界が躍起になっています。コロナが収束したら果たして世界経済は元の世界にもどるのでしょうか。

 

元の世界にもどるまでの期間はどれくらいになるのでしょうか。こちらについては有識者の情報やニュースを得てまたブログで記事にしたいと思います。

 

 

 

 

ドローンはどうなる

 

 

 

 

ドローンの技術はとてつもないスピードで、今や世界中で最も重要な開発ニーズになっています。トヨタもしかり、空飛ぶ車の開発に躍起になっていますね。

 

 

しかしながら、人を海の向こうの国にまで運ぶまでになるにはまだまだ超えるべきハードルが多く、そして高いです。安全性の問題が一番ですが実用性までには相当の時間がかかるでしょう。

 

 

やはり航空機産業は各国が責任を持って壊滅しない程度には維持していく必要があるのでぜひ頑張ってほしいところです。

 

 

 

景気回復傾向の業界

 

米国の製造業が稼働開始の方向で調整が入り、産業機器、ロボット業界、半導体はにわかに活気が戻ってきています。

 

この業界はコロナの影響下でも株価を上げてきていますね。

 

 

経済の停滞は避けるべきで投資家にとっては良いニュースです。

 

 

 

 

個人投資のすすめ

 

余談ですが中国内の投資家が値崩れした日本企業の株を買いだめしているようです。

 

元々優秀な企業ですからコロナの影響で信じられないくらいの安価になっています。

 

 

株やFXはリスクもありますが大口投資家や成功している投資家にとってはこのコロナ相場は人生でたった一度の大バーゲンセールと言われています。

 

 

我々も投資に対する検討は必要です。

 

自分の労働力があてにならない(働く機会が減る)のであればお金にお金を生んでもらうことも真剣に考えるべきです。

 

 

株はまだまだほとんどの業界が不景気で下げ相場です。

そういう意味でも売りからでも投資可能なFXはおすすめです。

 

 

少額でも大きな取引可能なFXについては

こちらの記事をどうぞ

 

FXとは?基礎の基礎 解説(初心者にもバッチリわかる)

 

 

リスク検証をしっかりして、自宅自粛で時間のある今こそ投資と向き合ってはいかがでしょうか。

 

 

 

私の使用しているFX会社はこちら

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

20,000円キャッシュバックあり

更に少額資金でも取引可能なFX

1,000通貨単位からのお取引可能な外為ジャパン

20,000円キャッシュバックあり

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

また次のブログ記事でお会いしましょう。

-時事ネタ

Copyright© 高卒の逆襲 Deen部長のblog  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.