趣味・趣向

ロト6初心者へ贈る!買うべき数字とは!?データ分析で見てみよう!



2020年3月現在、コロナの猛威が続き世界全体が不安と共に不景気の波へ飲まれています。

 

企業は感染を防ぐため、やむなく休業も視野に入れており、なんと首都東京も閉鎖か?!という所まで来ています。

 

このような状態で夢を追うことが出来る物の1つ、宝くじ

 

自宅待機、外出禁止が多くなりますが密かな娯楽としてロト6はいかがでしょうか。

 

 

必見

ロト6を購入して楽しもう

 

 

ここではロト6を買う時に参考になるデータ分析をご紹介していきます。

 

 

購入経験者でも意外と適当に数字を選んでいる人が多くいると思いますが

 

 

データから次に出る数字を予測することが大切です

 

 

 

ムダ銭を失わないよう、根拠のある数字を中心にピックアップして当選確率を上げる努力をしましょう。

 

 

ただし、データ分析は絶対ではありませんのでご注意下さい。

 

あくまで参考に数字を組み立てようということですのでご承知おきください。

 

 

それではいってみましょう。

 

 

 

 

 

ロト6とは・・・?

 

そもそもロト6とはなんでしょうか?という基礎の基礎から解説していきます。

 

数字1~43の中から、好きな数字を6個選んでマークシートに記入して窓口で購入

※ネットで購入も一部可

 

 

 

 

専用マークシートは下記の通り

 

 

Aの縦の枠の中 1~43の数宇から好きな数字を6個鉛筆やマジックで塗りつぶして下さい。

 

その6個の数字(A枠内に記入)で1口となり、1口200円の購入金額になります。

 

 

B枠 C枠でも同じです。つまり、このマークシートで5口(パターン)の購入が可能になります。

 

 

下の各色枠の中で6個の数字をマークシートで塗りつぶして1口です

 

A枠のみでも購入できます。

 

 

 

ご自身がロト6を買った日に一番近い月曜日、もしくは木曜日が抽選日になりますのでご注意下さい。

 

 

例えば、火曜日にロト6を購入したらその購入した券の抽選日は 二日後の木曜日です。

 

同じく金曜日なら抽選日はその後の月曜日となります。

 

 

金曜日から月曜日までに買った場合、その月曜日抽選

 

火曜日から木曜日に買った場合、その木曜日抽選となります。

 

 

抽選日がわかなければ宝くじ窓口で聞いて下さいね。

 

購入した発行券に抽選日が記されますのでご安心下さい。

 

 

 

また、右端の赤枠内に【各口数】と【継続回数】があります。

 

これは何かというと

各口数とは

A~Eで購入した同じ数字で何口買いますか?という記入欄です。

数字に自信がある場合は 例えば、各口数を2とします。

そうすると

例)1.13.14.15.24.36と選んだ数字

この番号と全く同じ番号を2個買いますという場合、各口数の2を塗りつぶして買います。

 

ただし、A~Eまですべてが同じだけ倍の個数買うことになりますので注意してください。

 

また、別に1口づつでいいや!という場合はマークシートで塗りつぶす必要はありません。

 

 

各口数も継続回数も塗りつぶさなければ何の効力も発動せず、選んだ数字そのまま買えますので安心してください。

 

 

継続回数とは

A~Eで購入したと同じ数字で抽選回数で何回続けて買いますか?という記入欄です。

抽選会は毎週月曜日と木曜日ですが毎回毎回買いに来るのが面倒くさい、時間が無いという方には便利なシステムです。

ただし、その継続期間中の数字変更は出来ませんので悪しからず・・・

 

 

当選確率と当選金額

等級 当選条件 当選確率 見込み当選金額
1等 選んだ数字6個が全て一致 1/6,096,454 2億円
2等 選んだ数字5個と一致し、かつ、ボーナス数字1個が一致 6/同上 1千万円
3等 選んだ数字5個と一致 216/同上 30万円
4等 選んだ数字4個と一致 9990/同上 6,800円
5等 選んだ数字3個と一致 155,400/同上 1,000円

 

1等の当選者がいない場合は、キャリーオーバーとなり次回に金額上乗せになっていきます。

 

その場合は最高6億がMAX賞金となります。

 

 

 

ロト6 当選数字にはある種の法則性がある

 

 

抽選は1~43の球を球体のBOXの中で機械でグルグルと回し、その中からランダムで球が出てきます。

 

いわゆるビンゴの抽選と同じ要領で、その豪華版のような抽選装置になります。

 

本数字の6個(球)とボーナス数字1個(球)が選ばれます。

 

 

 

本来、数学的には回数を重ねることにより、同じ確率で出現する方向に整っていくそうです。

 

しかし、そんな理論関係あるのかないのかのような出現数字にクセが見受けられます。

 

 

そこを上手く見抜いて6個の数字を選んでいくと当選確率があがると考えています。

 

 

言葉で説明するよりも実際の数字に照らし合わせて解説していきますね。

 

 

 

数字を考える基準としてこれから説明する色々なパターンを頭の隅に入れて検討してください。

 

 

※参考に出てくる表にはボーナス数字は入っていません。

個人的にボーナス数字まで入れて考えると迷うので除外しています。

 

 

 

前回の数字が次の抽選時にも出現する(連続引っ張り現象)

 

 

超オーソドックス理論の代表と言えば

 

 

ポイント

直前回で出た数字は今回も出る可能性は非常に高い

 

 

実際に下記の表を参照してください。一目瞭然です! ※ボーナス数字は除外して作成しています。

 

黄色に塗られている数字は前回出た数字が連続引っ張って出現している数字です。

 

 

こうしてみるとかなりの確率で前回数字を継承しているのがわかると思います。

 

これを参考にすると前回の数字から1個数字を選んだ方が当選確率があがります。

 

特に連続引っ張りで数字がでなかった次の抽選会はかなりの確率で引っ張りリンクが発生します。

 

 

積極的に前回数字を選んで行きましょう。

 

 

数字連番を狙え!

 

前回の数字を引っ張る現象と同じくらい有名な理論の1つです。

 

 

ポイント

数字は連番にして狙え!

 

 

以下の表を参考にしてもらえれば良くわかりますが 例えば15,16のように続き(連続)数字の出現確率は非常に高いのです。

 

 

 

 

 

前回数字の前後の数字を狙え!(斜め数字)

 

こちらの表を見てください。

 

 

この表を見てもらえばお分かりになるかと思います。

 

 

ポイント

例えば 前回の抽選数字3が出たとしたら

今回は3の前後数字2と4の出現率が高いということです

表で示す水色の数字を見ると斜めに色が塗られていくのがわかると思います。

 

 

これらの原理も考えながら数字選択時の一端としてください。

 

 

 

横の空間を意識してみよう

 

数字と数字の間隔のお話です。

 

 

 

上記の表のように当選数字と数字の間にどうやらクセ(法則)がありそうです。

 

 

ポイント

上の紫色は数字と数字の間隔が3個以内を表しています

 

 

注意ポイント

ほとんどの回でこの法則が出ています。

つまり、数字を選ぶ時、数字と数字の間を3個以内飛ばしを取り入れるべきと判断できます。

少なくともこのパターンで数字を1セット(数字2個)は選ぶべきということになります。

 

 

例えば上記の表でここ過去20回の傾向からいくと

6の数字の次は10が出ています。 数字同士の間隔3個

このパターンが3回出ています。

22の次の数字は26が出ています。これも間隔3個

このパターンも3回出ていますね。

 

 

これで数字同士の相性の良さがわかります。

 

ここ20回の抽選傾向でいくと 6を選ぶなら10もセットで選ぶべし!

 

同じように22を選ぶなら相性の良い26も選ぶべし!という判断ができませんか?

 

 

 

こういう自分だけの判断基準もこういう表を活用すると可能になっていくのです。

 

 

 

次に出るまでの間隔が5以下を狙え

 

下記の表で黄色の隙間は次に出現するまでに同じ間隔(等間隔)を空けて出現した数字です。

 

紫色の隙間は次に出現するまでに5間隔以下で出現したを表した数字です。

 

 

 

これも見ておわかりのように

 

ポイント

次に出現するまでに5以下の間隔が非常に多い

 

のがわかると思いますので予想に十分使えると思います。

 

 

逆にここ20回の抽選で出現間隔10以上も参考にして下さい。

 

 

茶色の数字はここ最近で過去20回において一度も出現していません。

 

グレーの数字は間隔10以上です。

 

 

あえてこういう数字を入れて買うのも選択肢の一つですね。

 

 

 

一桁数字はダブらせて購入する

 

数字の一桁とは

 

例えば

12なら一桁数字は2、18なら8、36なら6

 

という考え方です

 

 

 

上記を見てもわかるようにほとんどの回で

一桁数字はダブっています。

 

逆に一桁数字 3はここ20回ダブっていませんね。

 

こういう場合に3はシングルでいくか?という選択ができますね。

 

 

ポイント

同じ一桁の数字を2個は選びましょう

 

 

 

奇数・偶数の割合も見る

 

数字が6個あるなかで奇数・偶数の割合も現状を見ておきましょう。

 

 

 

今はやや、偶数が優位ですね。ここも移り変わります。割合は都度変わっていきますので注意です。

 

 

 

まとめ

 

上記で色々と項目別に解説しましたが全てを盛り込んで買え!ということではありません。

 

 

注意ポイント

むやみに何も考えずに買うより、確率をあげましょう

 

という話です。

 

 

自分で見つけ出した法則なり、傾向を探し出して考えると、とても楽しいです

 

 

注意ポイント

数字は生き物です。ここ最近ではまったく出ていなかった数字が ある日突然、連続出現したりします。ここは頭に入れておいてください。

 

色々な目線で検討して出来る限り不要な数字を排除していくことをことをおすすめします。

 

 

まぁただやっぱり運も大事なんですけどねw

 

 

上記を参考にして皆さんの参考にしていただき、億万長者が出たらうれしいですw

 

 

 

 

 

 

-趣味・趣向

Copyright© 高卒の逆襲 Deen部長のblog  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.